費用や作業時間の大幅削減につながる労務管理システム導入

会社員

手順のスリム化で人事労務管理業務の負担を減らせるシステム導入

資料

最近は、何かの支払いを行うにも、現金よりもキャッシュレス決済が使われるケースが増えてきています。仕事を処理する上でも、文書で対処するよりも、eメールやチャットを利用するシーンが増加しており、こういったトレンドは、全て、効率化に向けての動きと言っていいでしょう。
システム化・電子的処理の導入によって効率化をはかれる業務は、想像以上に多いです。例えば、人事や労務管理エリアでは、まだ紙を使って手続きや報告を行うことが多いですが、これも人事労務管理システムを導入すれば、電子処理が出来るようになります。手書きの手紙を出す手間に比べると、同じ内容を相手に伝えるのに、eメールを使う方が手数が少なくて済みます。同様に、人事や労務管理業務も、書類の授受で対処するよりは、システムで電子処理する方が、手順そのものをスリム化でき、社員の業務負担を大幅に減らすことが出来るのです。
一日のうち、仕事に使える時間には限界があります。システム導入で効率化が可能なところは、できる限り広くシステムを導入して、無駄な作業や業務に割く時間は減らしたいものです。人事や労務管理業務も、システム化による効率化が十分可能ですので、是非、自社に合うシステムを導入するといいでしょう。

書類不要で人事労務管理が出来るシステムを導入するメリット

平社員から管理職に昇進した社員は、人事担当者と共通の悩みを抱えることになりがちです。それは、労務管理や人事にまつわる手続きや申請、報告等の事務的な業務が多過ぎて、他の仕事に使う時間が圧迫されてしまうことです。そこで、こうした業務の効率化を図るべく、人事労務管理システムを導入することを考えてみましょう。システムを使って労務管理関連の業務や人事手続きを済ませるようになると、何よりもまず、ペーパーレス化を達成できて、それによって得られるメリットが大きいのです。
例えば、同じ内容の人事申請を行い承認処理をするにも、紙を使わずに電子処理する方が、作業量が少なくスピーディです。一つ一つの手続について達成できる時短は微々たるものでも、部下が多い社員にとっては、トータルで大幅な業務負荷削減になるでしょう。
また、紙を使わないことで、印刷に使う用紙とトナー代の節約が出来るだけではなく、文書保管スペースのコストも削減可能です。ことに、社内に保管場所がなく、外部倉庫を使用している場合は、それをやめるか、少なくとも従来よりも小さい倉庫で事足りるようになるでしょう。
このように、会社にとっても社員にとっても嬉しいメリットが多い人事労務管理システム、積極導入に向けて動いてみてはいかがでしょう。

負担軽減に大きな力を発揮する人事労務管理システムを導入しよう

eメールが広く普及してからというもの、滅多に手紙を書かなくなってしまった人は多いのではないでしょうか。eメールのメリットは、相手に伝えたい内容を、紙を使うよりも早くかつ効率よく伝達できること、更に、相手からも早くレスポンスがもらえることです。同様のメリットは、人事労務管理システムを導入して、このエリアの業務処理をシステムで行う事によっても得られます。労務管理関連の業務処理や人事手続きが増加して、負荷の大きさが無視できない状態になっているなら、システム化を真剣に検討すべきでしょう。
人事手続きをシステムで行う手順は、eメールを相手に送信する手順とそう大きく変わりません。システムにログインして必要な情報を入力し、eメールを送信する場合のように、システム内で申請内容を承認者あてに送信します。申請を受領した上長や人事担当者は、システム内で内容を確認の上、承認処理を行います。そして、承認された旨、承認者に通知されますが、これが言ってみれば、eメールのレスポンスと同じようなものと考えられます。
こうした手順で処理するため、労務管理業務も人事手続きも一律簡素化され、スピーディに処理できます。是非、導入して、そのメリットを享受してはいかがでしょう。


『DirectHR』は20年以上の実績から得たノウハウを活かした労務管理システムです、申請処理などの必須事項なのに面倒に感じてしまう作業をどれだけ気軽に円滑に進むかを考えてくれています!

本来業務で実力発揮してもらうため人事労務管理はシステム処理で

一般社員時代に現場で生き生きと実力発揮できていた人が、マネジメント職に就いた途端失速することがあります。その原因になりがちなのが、労務管理や人事といった、現場仕事とは異なる領域での業務負荷が急激に増えることです。こうした業務に多くの労力や時間を投入せざるを得ない状況で、思ったように実力発揮できないと、折角昇進して…

フレキシブルな働き方にマッチした人事労務管理システム

通勤ラッシュによる疲弊緩和や、介護や育児の責任を担う社員への配慮から、テレワークやフレックスタイム制など、より柔軟な働き方を積極導入する企業が増えています。フレキシブルな働き方が出来ることで、より生産性が高まるのは大きなメリットですが、反面、従来型の紙を使った人事・労務管理がやりにくくなるという課題もあります。そ…

丁寧に利点を説明して人事労務管理システム導入について理解を得よう

このようにすれば、効率よく合理的に物事を処理できるのにと分かっていても、組織としてはなかなかその方向に舵を切れない事情が色々とあるものです。例えば、人事労務管理システムを導入すると、現在、書類ベースで手間暇のかかる手順で処理している人事手続きや労務管理業務も、極めてスピーディに処理できるようになります。しかし、シ…

経済的利点が多い人事労務管理システム導入によるペーパーレス化

ときに、非常に大きな負担になることもある人事労務管理業務ですが、紙を使った手順から電子処理にシフトすることで、かなりの負担軽減が可能になります。具体的には、人事労務管理システムを導入するという方法を取りますが、システム導入のコストについて、十分にその価値があると関係者を説得するには、ペーパーレス化による経済的利点…

記事リスト

2019年07月10日
経済的利点が多い人事労務管理システム導入によるペーパーレス化を更新しました。
2019年07月10日
丁寧に利点を説明して人事労務管理システム導入について理解を得ようを更新しました。
2019年07月10日
フレキシブルな働き方にマッチした人事労務管理システムを更新しました。
2019年07月10日
本来業務で実力発揮してもらうため人事労務管理はシステム処理でを更新しました。